madreamで間取り図を簡単に作ろう【親父の居場所 - 福味健治さんのコラム】

間取り図簡単作成-madream(まどりーむ) まどりーむとは?はじめてガイドヘルプサイトマップ
検索
18 人のユーザが現在オンラインです。

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
facebookもチェック♪


 
福味健治 さんのコラム
【日本住宅再生研究所】 岡田一級建築士事務所
福味健治  :  親父の居場所
投稿日時: 2014-1-23 09:46   前のコラム 次のコラム
カテゴリー  賢い家造り  |  タグ 
昔の家は親父の居場所が決まっていました。
家には必ず座敷があり、床の間や仏壇が備えられてあり、それを背にして胡座をかいて座っていると云うのが親父の居場所の定番でした。そこから殆ど動かず、用がある時は家族を呼びつける。食事も食堂に行かずオヤジの前に食卓が据えられ、そこで食事をとりました。家族の座る位置も自然と決まりそこに座ると何故か居心地の良さも感じました。

振り返って、現在新築されている住宅の間取りに親父の居場所はあるでしょうか。
まず、和室がありません。あってもゴロリと横になったり、赤ん坊を寝かせたり、親父が威厳を持って座る空間とは乖離しています。現代の間取りには親父の居場所はないのです。
これは親父にも責任がありまして、殆どプランの段階で間取りに口を出しません。「自分は帰ったら寝るだけだから間取りは嫁さんに任せている」と云うのが定番の逃げ口上です。家が出来上がって自分の居場所のないのに気づき疎外感を感じても後の祭りです。

今の親父は家へ帰ると何をするのか、本当に寝る空間があれば良いのか。休みの日はどう過ごすのか。家族とのコミュニケーションをどう取るのか。子育ては母親に任せていないか。
その当たりを考えてみると、親父の居場所が浮かんで来るようにも思えます。昔の様に定番はないでしょうが、家族ごとの親父の居場所があるように思えます。
閲覧(1902)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
*コメントをするには会員登録が必要です。
投稿者リスト
   
| 利用規約 | プライバシーポリシー | 免責事項・コピーライト | 運営者について | お問い合わせ | |