madreamで間取り図を簡単に作ろう【縦揺れで建物は倒壊するか - 福味健治さんのコラム】

間取り図簡単作成-madream(まどりーむ) まどりーむとは?はじめてガイドヘルプサイトマップ
検索
22 人のユーザが現在オンラインです。

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
facebookもチェック♪


 
福味健治 さんのコラム
【日本住宅再生研究所】 岡田一級建築士事務所
福味健治  :  縦揺れで建物は倒壊するか
投稿日時: 2013-11-10 23:41   前のコラム 次のコラム
カテゴリー  地震対策  |  タグ 
【縦揺れで家は潰れるか?】
地震の被災者の話しを聞くと「下から突き上げるような衝撃を受けた」と言われます。阪神大震災における縦方向の揺れは、330galが計測されています。981galが1Gですので0.3G程の重力加速度となります。
高速エレベータの上下移動の重力加速度は85gal程度ですので、エレベータの加速度の4倍程度の大きさです。これでは突き上げる様な衝撃と感じても仕方のない衝撃です。

しかしこれで建物が壊れるかと言うとそうでもありません。建物は地震が発生しなくても、常に地球から1Gの力で引っ張られています。その為建築基準法上の基準として、上下方向には1.5倍程度の余裕を見込む事が法律で定められています。つまり、981galに330galが加わっても、1311galとなり、981galの1.5倍の1471galなでには届きません。つまり、阪神大震災では縦揺れで倒壊した建物は、計算上ではなかった事になります。
一方横揺れに対しては、建物は脆弱です。建物は自重も含めてですが、大体20t~30ton程度の重量に耐えていますが、横方向の力に対しては2t程度の力で損傷が始まります。つまり横方向には縦方向の1/10程度の耐力しか無いのです。

そのため、免震装置は建物の欠点である横揺れに対応した装置です。転がり免震の場合、横方向の揺れを1/10〜1/15程度まで抑える事ができます。

閲覧(1889)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
*コメントをするには会員登録が必要です。
投稿者リスト
   
| 利用規約 | プライバシーポリシー | 免責事項・コピーライト | 運営者について | お問い合わせ | |